HOME › 男木島日記

男木島日記

男木島大運動会開催

2018年05月29日

5月26日(土)、男木小中学校と島民合同の『男木島大運動会』が開催されました。



こえび隊・あそび隊メンバーも、例年通りお手伝いも兼ねて参加しました。
今年は、昨年植え付けた芝生もシッカリと根付き、学校再開後初めて運動場での開催でした。



徒競走・玉入れ・パン食い競争など、子供たちと島民が一緒に参加するプログラムも多く、
パパママが競技に参加する間、0歳の赤ちゃんを島のおばあちゃんたちが抱っこをしながら応援する風景も見られました。



中学3年生は、これが最後の運動会です。
学校再開時は5年生で、まだまだ子供だったのに・・・と、感慨深いものがありました。



現在、保育所には3人の子供達が通っています。
そして、昨年度男木島に3人の子供が誕生しました。
一時は子供達が居なく、運動会の開催も危ぶまれた事もありましたが、
この6人の子供達(もっと増えるかも!)が未来を繋いでくれました。



プログラム最後は恒例の男木の盆踊りです。
「もう踊るんがエライ!」というお母さん達に「手本がないと踊れんで。頑張ってよ!!」と言いながら、
何度踊っても覚えられない盆踊りをみんなで踊りました。

また来年も一緒に踊りましょうね!!


卒業式

2017年03月10日

今日3月10日、男木中学校の卒業式が執り行われました。



今日卒業したのは2名。宮下君と山下君です。



卒業証書授与の後、校長先生・来賓の方々からの祝辞が贈られました。
男木を誇りに思いこれから進んで欲しい事、男木で過ごした事や自分に自信を持って挑戦をして欲しい事、いつでも島民皆が応援している事・・・。どの祝辞も温かく、心にしみるものでした。



在校生による送辞には、学校再開から3年間先頭を走ってくれた2人への感謝と、これからは自分達が先頭を走る覚悟が感じられました。



小学生の4人も参列し、一緒に遊んだ思い出を発表しました。



卒業生2人の答辞では、先生方に細かな指導をしてもらえた事、多人数ではなく2人だったからお互いに励まし合って過ごせた事、これからも男木を忘れず頑張る事、など決意が述べられました。



最後は全員での「旅立ちの日に」の合唱と、映し出される思い出の写真に涙ぐむ人も多く見られました。



それぞれの夢に向かって羽ばたいて行く2人を拍手で送り出し、6年ぶりの男木中学校卒業式が終了しました。
移住や学校再開等、常にメディアに追いかけられた2人でした。でも素晴らしい先生方やご両親に守られ大きな学校では経験出来ない3年間を過ごせた事は、きっと2人の宝物だと思います。
これからも男木島での3年間を忘れず、自分の可能性を信じて世界に大きく羽ばたいて下さい。
ご卒業、おめでとう!!


水仙郷

2017年02月04日

朝の散歩に、灯台まで行って来ました。
もう、満開です。



水仙郷を登る階段には、水仙の甘い香りが漂っていました。



水仙の花越しに見える灯台。
この時期にしか見る事が出来ない景色です。


男木島ビアガーデン

2016年07月09日


今年も漁協女性部による『男木島ビアーガーデン』オープンしています。



お母さん達から「もう、しんどいからできんわ〜」の声があり、もう今年は無理かと思っていましたが、
何とかオープン出来ました。



定番の『タコ飯』『タコボール』『ちらし寿司』に『タコ天』
それに今日は、『なすの揚げ浸し』『ゲタの唐揚げ』『小エビと枝豆』などなど。



新メニューで『イカとヤングコーンのバター炒め』『きゅうりのニンニク醤油』なども・・・。
どれもビールが進む一品です。
『男木島ビアーガーデン』は7・8月の毎週土曜日、だいたい12時頃からゆるりとオープンしています。
(お盆の8月13日のみお休みだそうです。)

アートを巡った後、めおんの待ち時間に是非御立ちより下さい。


海岸清掃

2016年06月26日

毎年恒例の『リフレッシュ瀬戸内』が開催されました。
この清掃活動は、瀬戸内沿岸の107の市町村・11府県が参加している「瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会」が主催して、毎年6月1日〜8月31日の間に300数カ所の海岸で行なわれています。



今年も高松市の協力企業の皆さんが参加下さって、大井海水浴場前の海岸を一斉清掃しました。



先日からの風で、打上げられたゴミも砂に埋まってしまっていましたが、
1時間程の活動できれいな海岸になりました。
今年は猛暑とのことなので、是非男木島海水浴場に!



ただ、今年は瀬戸芸本番でみなさん忙しく「ビーチハウスの営業は無理そう」との事です。
でも、屋島・大島・豊島を一望出来る海岸は、ほぼプライベートビーチです。
夏会期の瀬戸芸鑑賞には、是非水着を持ってお越し下さい。


このページの先頭へ