HOME › 男木島日記 › 瀬戸内の春を楽しむ、ビストロ伊織

瀬戸内の春を楽しむ、ビストロ伊織

2016年03月07日

先週末、ビストロ伊織へ行ってきました。
昨年、男木島へ移住された夫婦が営むお店です。

男木島でとれる旬の魚や野菜を、ふんだんに使った料理と
最後に出てくる春色デザートに、お腹も心も大満足。
春の男木島を楽しんできました。



すずきとわかめのマリネ

にべのオーブン焼き

・すずきとめかぶ(わかめの根元)のマリネ
この季節、男木島でとれるワカメはとても美味しいです。
島で作られる塩蔵わかめを、我が家はまとめ買いしておきます。

・さごしのコンフィ
さごしは鰆のこども。
字のごとく、瀬戸内に春を告げる魚です。

・にべのオーブン焼き ソース・ショロン、
もちろんソースは、パンにつけて残らずいただきました。


1月の末に行った時のメニューも紹介。


きんかんのミルフィーユ、みかんのグラス

そういえば、島散歩した時、
黄色く色づいた金柑やみかんがなっていました。



ビストロ伊織から少し歩けば、島の南側に出ます。
港のそばの桜は、もう少しで開きそうです。


春風が気持ち良い一日でした。




このページの先頭へ