HOME › 男木島日記

田中勝次写真展が始まりました。

2011年04月29日

瀬戸内国際芸術祭で多くの人が訪れた川島猛とドリームフレンズの「想い出玉が集まる家」。

期間中は、川島猛のつくった想い出玉約大小300個と、

訪れた人がつくった約800個あまりの小さな想い出玉が集まりました。

その想い出玉は、今は、川島さんのアトリエにひきとられ静かな時を過ごしています。

 

そして、「想い出玉が集まる家」は今日から新しくギャラリーとして生まれ変わりました。

記念すべき第一弾は、ドリームフレンズのお一人田中勝次さんのピンホール写真展です。

ピンフォール写真は、1ミリ足らずの小さな針穴をレンズにした写真の原点とも言えるモノです。

何種類かのピンフォール写真機を屈指して男木の風景を撮影。

また、ピンフォール写真ではありませんが、日常の男木の人たちや、

この春3人の卒業生達を送って休校となった男木中学卒業式の記録も

入り口の部屋に展示されています。

昨年今年の男木の風景ですが、何か、とても懐かしい日本の原風景のようです。



5月3日にはピンフォール写真機を一緒につくってその場で現像する

ワークショップも開催します。是非、お誘い合わせてご参加ください。



男木島で「男木の宝もの探し」が始まります。

2011年04月28日

明日から、男木島で「男木の宝もの探し」が始まります。
どんな人が、男木島に来てくれて、参加してくれるのかドキドキです。
あなたが見つけた男木の宝もの写真を送ってくださいね。


このページの先頭へ